Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/baikinman/artwinerc.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

薬を使わない赤ちゃんの便秘対策

子供が生後半年くらいまで、何度か便秘に悩まされました。子供は機嫌が悪く、ただ泣くだけでその理由がわかりませんでした。だけど、1日何度か出ていたうんちの回数が減り、さらにミルクの飲む量も減ってきたので「もしかしたら…」と思い、そこで便秘をしていることに気がつきました。

調べてみると、ミルクの場合は消化するのに時間がかかるので、母乳よりも便秘がちになってしまうとのことでした。当時は生後3ヶ月くらいから、完全にミルクになっていたので、それが原因かなと思いました。そして、まだ離乳食前だったので何かを飲ませたりといった便秘対策はできなくて、薬を使わない方法で改善しようと思いました。

最初に試したのは、よく聞く「の」の字マッサージです。おへその辺りを「の」の字を書くようにマッサージすると良いというもの。お腹の表面よりも、腸にまで刺激がいくように少し強めにマッサージをしました。その刺激が良かったのか、割と早く効果が出て、しばらくはうんちもスムーズに出ていました。だけど、少しするとのの字マッサージに慣れてしまったのか、マッサージをしてもまた便秘をするようになりました。

そして、その次のステップとして、ベビーオイルをふくませた綿棒でお尻の穴を刺激するという方法を試してみることにしました。これも、割とすぐに効果が出て、刺激した途端にうんちが出たことが何度もありました。うちの子供にとっては、この綿棒による刺激の方が合っていたようで、それからは快便になりそのうち離乳食も始まり便秘に悩まされることはなくなりました。

まだ、生後間もない赤ちゃんには、薬などを使った便秘の改善方法は行いたくないと思うお母さんも多いと思います。だけど、どうしても症状が良くならない場合は、気持ちを切り替えて早めに医療機関に相談することが望ましいと思います。大人でも、数日間便秘が続くと辛いですよね。ましてや、ただ泣くだけで言葉では伝えられない赤ちゃんにとっては、本当に辛いことだと思います。

今でも、あの時顔を真っ赤にして泣いていた子供の顔を思い出します。便秘に限らず、常に赤ちゃんの様子の変化を、注意深く見守ることが大切なんだと改めて思った出来事でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*