Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/baikinman/artwinerc.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

わが子の便秘対応策について

私は30代後半の主婦で、子供が2人おります。下の子(女の子)が赤ちゃんだった頃生まれてまもなくの頃から便秘で悩みました。その時に私が取った対策についてお話したいと思います。

うちの子は離乳食が始まる前、まだ母乳だけ飲んでいた小さい頃から便秘症でした。ウンチの回数が極端に少なくなり、2日ほど出ないことや出てもコロンと硬くて水分の少ないウンチであったことが多々あります。最初は私自身の母乳が便秘につながっているのかと悩みましたが、お世話になっていたお産婆さんに相談してみたところ、おなかのマッサージをしてあげると良いとアドバイスをいただけました。お産婆さんの言うとおりにおへそから指3本分位下のあたりを”の”の字を描くように一日数回おむつ替えのタイミングでマッサージしてみました。マッサージが気持ちいいのかわが子はそうしてあげるととてもご機嫌だったのを覚えています。それに加えてお風呂上がりを狙って肛門の入り口をベビーオイルで湿らせた綿棒で軽く刺激もしてみました。そんなことを1日2日繰り返しているとわが子の便秘は結構治ったのを思い出します。

離乳食は始まってからの便秘ですが、これは明らかに水分量と離乳食の内容が関係しているというのが実感でした。わが子は水分を自分から欲するタイプでなかったので、暑い夏場だけでなく、あまり水分を欲しない冬場でも常に薄い麦茶などを定期的に飲ませるように心がけました。また離乳食には食物繊維が多い野菜をふんだんに使ったレシピを工夫。特に甘みがあって食べやすく小さな子供でも喜んで食べてくれる”さつまいも”を積極的に利用しました。わが子は特にサツマイモやその他野菜を色々入れて作ったお味噌汁とおかゆを混ぜて食べるのが大好きで特に喜んで食べたし、それが便秘解消にもつながったと思います。

1歳を過ぎた頃からヨーグルトなども市販のものを食べられるようになったので、そういったデザート系のものも取り入れてみました。そしてあんよが出来るようになってからは特に運動不足にならないよう、日々あちこち連れ出して腸が活発に動いてスムーズにウンチが出るような生活も心がけました。今でも相変わらず便秘症のわが子ですが、食事と運動で解消できるよう私と一緒に日々頑張っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*