幼児期の育児

旅行先や習い事の数で決められたママ友達カースト体験談

上の子が幼稚園の時のことです。

子供が通っていた音楽教室に、格付けしたがるママが一人いて、ママ友カースト制度を強く感じました。

そのママは私たちの住む地方に旦那さんの転勤でやって来たそうです。東京じゃないと不便よね、早く帰りたいといつも言っていました。彼女の中では、東京が一番で、こんな地方の田舎は下だと見下しているようでした。

そして彼女を取り巻くママたちは、大抵転勤族で首都圏からやって来た人ばかり。きっと彼女が選んで仲良くしているんだろうなと思いました。

当然田舎生まれ田舎育ちの私なんて、見向きもされませんでした。

偶然会って挨拶しても、横目でちらりと見るだけで、物凄く素っ気ない対応です。

でも特別仲良くなりたくなかったので、我慢して過ごそうと決めていました。

正直、早く彼女が大好きな東京に帰ればいいのにと思っていました。彼女は旅行が好きで、休みの度に色々なところへ行って、音楽教室のメンバー全員にお土産を買ってきました。それからお土産話をして、それぞれ旅行に行ったことがある場所について自慢し合うんです。

まるで旅行先で格付けされているようでした。

たまたま彼女がハワイに行ってきたときは、海外旅行の話で盛り上がっていました。未だ海外旅行に行ったことのない私が会話に参加できずにいると、もしかして海外に行ったことがないの?と凄く大きな声で聞かれました。

子供の前でそんな風に言わなくていいのに、と凄くくやしい気持ちになりました。

そして私と同じく地元民のママにも、海外くらい行ったことあるわよね?と聞いていました。彼女が質問する順番が、格付けランキングの順番がなんだなとハッキリ分かりました。黙って聞いているママたちも、何の疑いもない様子で、その順番を受け入れていました。

また、違うときには習い事の話になりました。

格付け好きのママの子供は習い事を複数しているのですが、両立が大変だという内容でした。我が子もいくつか習い事をしていたので、その話には興味深く頷いていると、ママたちにビックリされました。海外旅行もしたことがない私が、子供に複数の習い事をさせる余裕があるとは思っていなかったようです。

そっちにお金取られちゃってるのね、みたいなことを言われて、ますます嫌な気持ちになりました。

このママ友カーストは音楽教室に通っている間ずっと続きました。

そして子供が小学校に上がるときにグループが解散になったので、やっと解放されました。

娘の子育てに四苦八苦

我が家には幼稚園年長の娘が一人います。 一人娘で専業主婦と言うこともあり娘と係る時間も長く、育児に四苦八苦する毎日です。私は若い頃はどちらかというと子供が苦手で、嫌いというわけではないのですが子供とどう接していいかわからず、近所や親せきの子供ともあまり関わりたくないという感じでした。

しかし自分に子供ができると子供に対する見方も変わり、他人の子供にも温かい目で見れるようになりました。 娘がまだ言葉を話すことが出来ない頃は本当に無条件に可愛くて、育児も苦にならなかったのですが、月日が流れるのは早いものでオムツをしていた娘も心身ともに成長し、時には私に反抗するほどになりました。

娘に対して今一番困っていることは、買い物やレジャーなどで家族で出かける時、いつもよりテンションが上がってしまい、店内で走り回ったり勝手にどこかに行ってしまったりすることです。他の人に迷惑になるという事も勿論ですが、最近は物騒な事件も多くなってきているので本当に心配ですし神経をすり減らす日々です。3~4歳の頃より言葉も達者になり、会話も大人と同じように出来る年齢になってきたのに何故いう事を聞いてくれないんだろうと思うと、

本当に子供と接するのが嫌になる時があります。

先日も半年がかりで計画を立て、家族で大好きなディズニーリゾートに遊びに行ったのですが、娘の勝手な行動とあれ買って!これ買って!の攻撃に、心身共に疲れ果て連れてくるんじゃなかったと激しく後悔してしまいました。一瞬、大人だけのレジャーならこんな思いはせずに済むのにと思いましたが、やはり娘が美味しそうにアイスクリームを食べたり、買ってあげたぬいぐるみを大事に頬ずりしている姿を見ると、嫌な思い出も忘れてしまいまた娘を連れてきてあげたいなと思ってしまいます。

私にとって娘は初めての育児ですので色々と一筋縄ではいかず、自分自身余裕がなくなり思い通りにならない娘の事を疎ましく思うことも多々あります。

しかし自己主張するほど娘も成長し、これから大人になる準備をしているのだなと思うと、私も娘に対して接し方を変えていかなくてはいけないなと思うようになりました。これからはいつまでも過保護に接するのでなく、娘自身に考えさせるようにしていきたいと思っています。娘と一緒に私も母として成長していけたらいいなと思います。

子供のせいで土日になっても仕事の疲れがとれない

私には二人の子供がいます。6歳と1歳の男の子です。私達夫婦は共働きであるため、平日は二人も保育所に預けています。そのため、平日の朝は8時までしか一緒にいませんし、夜も19時以降しか一緒にいません。そのため、平日は他の専業主婦がいる家庭と比べて、親と子供が接する時間はとても短いです。それを不憫に思っているため、せめて土日はずっと一緒にいて精一杯愛してあげたいと思っています。

そう思っているのは間違いないのですが、私は平日はハードな仕事をしているので、どうしても週末になると疲れた状態になってしまいます。独身の頃からこの仕事をしているのですが、独身の時は土日はいつもお昼ぐらいまで寝ていました。そうしないと疲れがとれないのです。疲れるのは今も同じです。平日の育児を考えると独身の時以上に疲れているといえます。特に1歳の子はまだまだ夜泣きをしますし、6歳の子もおねしょをして目を覚ましたりするので、平日の睡眠では全く疲れがとれません。

そのため、土日はゆっくり休みたいという願望を潜在的にいつも持っています。しかし、子供は非常に早起きで、7時には起きてしまいます。そのため、私も強制的に同じ時間に起きなければなりません。そうなると全く疲れがとれないのです。子供とは平日一緒にいられない分まで、土日はずっと一緒にいてあげたいと思っているはずなのに、どうしてもそういう状態だとイライラしてしまいます。土日も平日と変わらず1日中眠たいですし、身体もずっと怠いです。特に1歳の子は起きている時間の半分ぐらいは泣いているのではないかというぐらいよく泣きます。ずっと泣き声を聞いていると、頭がガンガンしだして、非常に気分が悪くなってきます。そのため、子供と一緒にいたいという気持ちが失せていき、段々と腹が立ってきてしまいます。あれだけ土日は可愛がってあげようと思っていたにも関わらず、逆に子供を嫌いになりそうな自分に驚きます。完全に嫌いになっているわけではないですが、ついつい土日も保育所にあずけられたらいいなと思ってしまうのです。それで平日になって、子供と接する時間が減ると、また子供がとても愛おしくなり、土日は一緒に過ごそうと思います。こういう繰り返しがずっと続いています。

2人姉妹、妹の子育てについて

3学年、年の離れた姉妹の親です。2人目の子育てのなかで、上の子と比較しての一番の違いは、やはり姉が妹の面倒をよく見てくれたことです。もちろん、姉妹喧嘩もよくしていましたが、その分2人で遊んでくれることが多く、親は見守るだけでかなり楽でした。また、なんでもお姉ちゃんのまねっこをしたがるので、色々な事が出きるようになるのが早く、幼稚園に上がる頃にはかなりしっかりとしていて、周囲の親御さんに驚かれました。

幼稚園に上がる頃にはかなり個性も芽生え、物を購入する際も、姉と違うものをあえて選んだりするようになりました。
2人目の子育てでの苦労では無いのですが、少しかわいそうだった事は、どうしても交友関係が姉中心になってしまうことです。
幼い頃はどうしても、親同士を交えての交流になってきます。

そのため、姉の時にできた友人と遊ぶことが多くなってしまうので、幼稚園に入園するまでは同じ年の子どもと遊ぶことが少なくなってしまっていました。

姉は2年保育で幼稚園に通ったのですが、2人目はそんなこともあり、姉よりも1年早い3年保育で通わせました。本人も姉の通園によく付き添っていたので、早く幼稚園に行きたくて仕方なかったようです。姉の時は何もかも初めてで親も不安が一杯でよく心配をしていましたが、妹の時は親が慣れたこともあり、じっくり落ち着いて向き合えた気がします。

子育てに「絶対」という方法は無いのはよく理解しており、発育も個々それぞらなのはよく分かっているのですが、姉の時は何かと育児書や近所の子どもたちと比較してしまい、不安になることが多かった気がします。

しかし、下の子になると、一度経験しているし、色々な子どもたちを見て来ているので心に余裕ができ、多少のことでは不安になることはなくなりました。

その分、姉に較べ、妹の方が奔放な性格に育ちました。

また、姉は父親が大好きでよく2人ででも遊びに出かけていたのですが、妹は2人きりになる機会がほとんど無かったので、父親と2人きりで遊びにいく機会が少し大きくなるまでありませんでした。そのためか、少し大きくなるまで父親に遠慮をしていたような部分もありました。

姉妹は大きくなってからも親友のように仲良くしており、親としては心強い限りです。