思い出

父の他界後に感謝の気持ちが倍増しました

私は今は40代に入りましたが、10代という若い時期から親元を離れて暮らしていました。これも一種の私の運命だったのだろう、と今では思っていますが、ときに悲しくなることがあるのも事実です。そして、そうこうして年月が流れ、自分の両親も70代に入ったある日、とうとう一番恐れていた出来事がやって来ました。それは生あるものであれば誰しもが通らなければならない死と向き合うという事実でした。身内の中でも、中心的存在として家族を数十年に渡り支え続けてくれた父の死でした。

どの家庭にも日々様々な困難や問題はあるでしょう。我が家も例外ではなく、今思えば父は本当に一人で背負うものが多い中、家族のことをいつも気遣い、私に対しても最大限の愛情を与え残してこの世を去られたのだなぁ、と今なお感謝の念が絶えません。

私が帰省したときには、いつも冗談ばかりを一日中言い続けていた父がいました。あの父の冗談は単なる口だけの表現でなく、全身全霊を使った表現だったがゆえに、私だけでなく、母や私たち兄弟姉妹を、知らない間に笑顔に導いてくれていたのです。今思えば、あれは父からの最大限の私への、そして家族へのプレゼントだったのだと気付きました。また、父は私が実家にいるときには必ず毎朝私の大好きな朝食を準備してくれたのです。早朝から駆け足で買い物に行き、さりげなく机の上においてあるだけなのですが、私は父からその朝食を通して口では言い表すことができないくらいの愛情を受け取っていたのだと思います。さりげない日常の日々、一瞬一瞬の出来事ですが、これは今だからわかる、二度と経験することのできない、私にとってはかけがえのない大切な時間だったのです。

父はとにかくいつも前向きでその下向きな姿勢が自然と私を無意識のうちに勇気づけてくれていたのだと、父が他界してから感じました。父を知る人間からは私は一番父に似ていると言われます。顔が似ているのではなく、内面から受け継いでいるものが多くあるということです。嫌な面ももちろんありますが、やはりあれだけ周囲の人間を笑わせ、心を緩ませ、安心感を与えてくれた父のことは一生忘れられません。父からもらった最愛の心ギフトは私の心のなかで今も燃え続けています。お父さん、ありがとう。

祖父が教えてくれたこと

私は主人の祖父にとてもかわいがってもらいました。
子どもに関わる仕事をしている人で、80代になってもずっと現役でお仕事をしていました。
主人は子どもの時から祖父と一緒に住んでいて本当にかわいがってもらったようで、私も結婚前に出会ってからずっとかわいがってもらい、気にかけてもらいました。

ひ孫にあたる長男が生まれてからは、長男を本当に大事にしてくれました。
長男もひいおじいちゃんが大好きだったのでよくおうちに泊まりにいったり、遊んでもらったりしていました。
祖父にとっては長男が何よりの宝物で生きがいであったのだと思います。

しかし、とても行動力があり元気な人でしたから、時には少し放っておいてほしいなぁと思ったこともありました。
近くに住んでいるときはアポなしで突然家に来ることもあったり、転勤で遠くに住んでいた時は頻繁に電話がかかってきたり・・・。

今思うとなんてことないことなのですが、当時の私は余裕がなくイライラしたりしていました。

1年前の春休みに長男と2人でお店でご飯を食べていた時のことです。
そのお店は祖父の職場の近くで、祖父とも何度も食事をしたことがあるお店でした。

私はふと「おじいちゃんに電話してみようかな」と思いました。

仕事中の時間なので普段はそんなこと思わないのですが、その時はなぜかそう思ったのです。
しかし、その後長男の病院の予定もあったし、少し面倒くさく感じて結局電話はしないで終わってしまいました。

その翌日、祖父は突然亡くなってしまいました。
急いで病院に行きましたが、その時はもう意識がありませんでした。

私は前日、祖父に長男を会わせなかったことを本当に後悔しました。
同じ町に住んでいながら約1か月会っていなかったこと、いつでも会えると思って先延ばしにしてしまっていたこと。

お通夜の時の、お坊さんの言葉に涙が止まりませんでした。
それは「今日と同じ明日が必ず来るとは限らない」というものです。
いつか会える、また会えると思っていても、その時が必ず来るとは限らないのです。
当時の私は妊娠中で、生まれてくる次男もきっとかわいがってもらえるだろうと思っていました。
しかし、それも叶いませんでした。

その言葉を聞いて、今まで長男や主人や私が祖父にかわいがってもらっていた日常が当たり前ではなく、本当に有り難くかけがえのないものだったと強く思いました。

私は今、その思いを胸に、次男を連れてよく義実家に通っています。
主人の祖母にまだ小さい次男を会わせるためです。
祖母も本当によく次男をかわいがってくれます。
長男も普段は学校でなかなか行けませんが、ひいおばあちゃんのことをとても気にかけています。
祖母が元気なうちにたくさん息子たちとの思い出を作ってもらいたいです。
私は祖父が教えてくれた当たり前の日常を大切にしていきたいと思っています。

懐かしく楽しかった昔

僕はまだ18歳ですが、高校時代や中学の時は楽しかったなの実感しています。買い物に出かけたとき、ふと雑談をしている学生の集団を見つけ、あのころの何気ない生活が楽しかったんだなあとうらやましく思いました。戻れるなら戻りたいですね笑

今働いている仕事先では多少の会話はあるものの、楽しいと思える話はほとんどありません。高校のとき、飲食店でアルバイトをしていたのですが、よく喋っていました。そのとき働いていたバイト先は先輩後輩関係なく仲がよかったので、バイトが終わってからみんなで遊びに行くことも結構あって本当に楽しかったです。

今ではそんな楽しかった頃と違って、別に行きたいわけでもない飲み会に連れて行かれたり、パチンコは好きじゃないと言っているのに連れて行かれたりで何のために遊びに行っているのやらわかりません笑やはりバイトの付き合いと会社の付き合いは全然違うものだなと思い、幾度となく会社を辞めてバイトしようかなと思ったりしました笑

また同じく仕事の話になるのですが、今は仕事に追われて遊ぶ時間がほとんどありません。遊ぶとしたら睡眠時間を削って遊ぶしかないです。それに遊ぶとしても、高校の友達とかは時間が合わなくてなかなか遊びに行くことができません。遊べても一緒にご飯行くだけだとか、少しカラオケに行って解散と満足するほど長い時間遊べることはなくなりました。

ほんの1、2年前までは、一日中時間を気にすることなく遊びに言ったり、予定を合わせて旅行に行ったりしてたのに、今じゃあの頃はおろか、高校卒業してから思う存分に遊んだことはないんじゃないかと思いました。少し月日が経つだけで生活がまるで違いますね。

まだ18じゃないかと思うかも知れませんが、社会人になってからは毎日の楽しみがこれといってないので辛いです。毎日同じ時間に起きて会社に行き、残業があれば残業をして、家に帰宅してお風呂に入ってご飯食べて寝る。贅沢ですがこの繰り返しは堪えるものがあります笑 遊べるときに思う存分遊ぶのがどれほどよかったのか痛いほどわかります。

悪口を言い合える関係

学生時代から10年以上付き合いのある異性の友人が居ました。社会人になってからも月に1回は顔を合わせて、数人で飲んだり遊びに行ったりしていました。他にも異性の友人は一人二人いましたが、その男性とはいつも文句や悪口を言い合えるような仲でした。学生時代の恥ずかしい姿や失敗などもすべて見られているので、普段は女性っぽく過ごしていてもその友人と居るときや話すときは素の自分よりもむしろダラしない、ダメな自分になっていたと思います。しかし今思うと、そういったダメな部分を出せる存在がいたからこそ、会社や恋愛においても頑張れたのかなと思います。

その友人とは付き合いのある10年以上の関係の中で、1回もお付き合いや恋愛をするという関係になったことは微塵もありませんでした。お互い恋人がいる状態が長かったですし、むしろこの人とは絶対に付き合いたくないと言い合う仲でした。そんな関係を続けていましたが、周りの友人からは「二人はお似合いだね」と言われることが数回あったと思います。その時は「イヤだよ。全然お互いタイプではないし」と言っていましたし、本当にそう思っていました。

他の友人も交えての関係はずっと続くものだと思っていたのですが、ある日突然終わりを告げてしまいました。その友人に結婚を意識させる女性が現れたのです。その方と付き合い始めてから友人は少し変わりました。それまで友人たちと居る間は、彼女からの連絡には一切反応しない、携帯も見ないようなタイプだったのですが、結婚を意識するようになった女性からの連絡にはすぐに反応していました。どんなに会話が盛り上がっていても、席を立って彼女からの電話に出るようになりました。

そしていつからか、私たち女性がいる飲み会や遊びには顔を出さないようになりました。他の友人から聞いたところによると、彼女が嫉妬していて来られなくなったということでした。まったく心配のいらないような関係性であっても、異性の仲が良い友達がいることがイヤだと思う女性は多いと思います。私は仕方がないという気持ちと、寂しいという気持ちに襲われました。悪口を言ってくれたり、罵り合う関係が無くなり、なんだか人間関係に疲れてくるようになりました。いつでも気取っていなければならないような感じになり、あの友人との関係は息抜きになっていたのだと感じました。

しかしお付き合いをすることの無い私たちの関係は、彼女との関係よりも脆いのは仕方がないと思います。酔った勢いでその友人に「友達よりも彼女とるなんて最低だな!」とメールしてしまいました。

またいつもの調子で、「お前のほうが・・・!!」と何か言い返してくるかなと思ったら、「本当にごめんな」と一言。それを見て、本当にこの関係はもう終わりなんだなと思いました。男女の友情はあると思っていましたが、それを続けることは難しいものだと思いました。それ以来、一切連絡は取っていませんし、もちろん会うこともありません。友人の一人に過ぎないと思っていましたが、失った今はあの日々が楽しくて幸せだったのだなと思います。