悪口を言い合える関係


学生時代から10年以上付き合いのある異性の友人が居ました。社会人になってからも月に1回は顔を合わせて、数人で飲んだり遊びに行ったりしていました。他にも異性の友人は一人二人いましたが、その男性とはいつも文句や悪口を言い合えるような仲でした。学生時代の恥ずかしい姿や失敗などもすべて見られているので、普段は女性っぽく過ごしていてもその友人と居るときや話すときは素の自分よりもむしろダラしない、ダメな自分になっていたと思います。しかし今思うと、そういったダメな部分を出せる存在がいたからこそ、会社や恋愛においても頑張れたのかなと思います。

その友人とは付き合いのある10年以上の関係の中で、1回もお付き合いや恋愛をするという関係になったことは微塵もありませんでした。お互い恋人がいる状態が長かったですし、むしろこの人とは絶対に付き合いたくないと言い合う仲でした。そんな関係を続けていましたが、周りの友人からは「二人はお似合いだね」と言われることが数回あったと思います。その時は「イヤだよ。全然お互いタイプではないし」と言っていましたし、本当にそう思っていました。

他の友人も交えての関係はずっと続くものだと思っていたのですが、ある日突然終わりを告げてしまいました。その友人に結婚を意識させる女性が現れたのです。その方と付き合い始めてから友人は少し変わりました。それまで友人たちと居る間は、彼女からの連絡には一切反応しない、携帯も見ないようなタイプだったのですが、結婚を意識するようになった女性からの連絡にはすぐに反応していました。どんなに会話が盛り上がっていても、席を立って彼女からの電話に出るようになりました。

そしていつからか、私たち女性がいる飲み会や遊びには顔を出さないようになりました。他の友人から聞いたところによると、彼女が嫉妬していて来られなくなったということでした。まったく心配のいらないような関係性であっても、異性の仲が良い友達がいることがイヤだと思う女性は多いと思います。私は仕方がないという気持ちと、寂しいという気持ちに襲われました。悪口を言ってくれたり、罵り合う関係が無くなり、なんだか人間関係に疲れてくるようになりました。いつでも気取っていなければならないような感じになり、あの友人との関係は息抜きになっていたのだと感じました。

しかしお付き合いをすることの無い私たちの関係は、彼女との関係よりも脆いのは仕方がないと思います。酔った勢いでその友人に「友達よりも彼女とるなんて最低だな!」とメールしてしまいました。

またいつもの調子で、「お前のほうが・・・!!」と何か言い返してくるかなと思ったら、「本当にごめんな」と一言。それを見て、本当にこの関係はもう終わりなんだなと思いました。男女の友情はあると思っていましたが、それを続けることは難しいものだと思いました。それ以来、一切連絡は取っていませんし、もちろん会うこともありません。友人の一人に過ぎないと思っていましたが、失った今はあの日々が楽しくて幸せだったのだなと思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*